Japan Clean Ocean Material Alliance

文字サイズ

2020-12-25 幹事会メール審議 『AEPWとMOU締結』審議と結果報告

2021-02-04

2020-12-25 幹事会メール審議 『AEPWとMOU締結』審議と結果報告

1. 背景・趣旨
2019年 10 月、CLOMA活動の情報発信のため、国際連携部会を中心とした欧州ミッションが関連機関を訪問したのをキッカケに、AEPW(Alliance for End Plastic Waste: 廃棄プラスチックを無くす国際アライアンス) と CLOMAの協力関係が始まりました。2020年10月22日にはAEPWとの意見交換会時に話題になりましたAEPWとCLOMAのフォーマルなパートナーシップの覚書を締結することを検討してきました。
AEPWとの意見交換会にて、資金提供は、「融資」及び「寄付」で資金的リターンは求めていない。また、対象は海外と日本国内であることが明らかになりました。今後のCLOMA実証試験等の資金支援に非常に有効であると考えてAEPWとの覚書を締結を提案いたします。 

 

2.覚書の目的
より強固な関係を築き、双方のメリットを追求する。CLOMA が検討する技術やシステムの開発費用および社会実装の費用をAEPW の支援スキームに則り申請することにあります。(CLOMA会員が、AEPWに申請前(申請内容が固まっていない段階)から相談ができるようになります。)
プロジェクトのAEPWへの提案は、個社又はプロジェクトのオーナーシップを取る企業が提案者(代表者)となります。CLOMA 事務局への連絡は、CC.に入れる事でCLOMA会員企業であることが分かり、提案者の信頼度やメリットがあがります。

 

3.MOUの内容
(1)英文が正になります。
(2)MOUは、CLOMA幹事会社の法務部門でビジネス上の法律や用語等は御確認頂きました。
・和文版は事務局の訳で参考にしてください。  
  MOU英文版(PDF)
  MOU和文版(PDF)

 

4.今後の予定
 (1)CLOMA幹事会メール審議(2020/12/25~2021/1/13)
 (2)Signing ceremonyやJoint Announcement(2021/3月中旬・目標)
   *AEPW側での経営委員会での確認(年に数回開催)、年末年始やAEPWのあるシンガポ ールでの旧正月(2021/2/12-13)より上記日程で進める予定です。 同時にニュースリリースを発出しますので、それまでは「CLOMA非公開情報の取扱い規則」でお願いいたします。
<参考>
AEPWとは、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンス(Alliance for End Plastic Waste)で、廃プラスチックを無くすためのプロジェクトを推進しています。

ホームページアドレス:https://endplasticwaste.org/

 

5.本議案は承認されました。(2021.1.15) 
出席者:メール文に『返信なき場合は、承認頂けたものとさせて頂きます。』を記載したため、返信頂いた方は4名(内1名内容の御確認があり)
決議は、出席者の過半数(承認26)(規約13条4・5・6項)
                                          

 

以上