Japan Clean Ocean Material Alliance

文字サイズ

2021-01-15 幹事会メール審議 事務局運用ルール『幹事会員の選定基準』審議と結果報告

2021-02-04

2021-01-15 幹事会メール審議 事務局運用ルール『幹事会員の選定基準』審議と結果報告

1.背景・趣旨
一般会員が幹事会員になることを希望される会員や、幹事会員として入会を希望される事例がでてきている。CLOMAでは、ホームページの「入会案内」にて幹事会員を希望される会社に、別紙の通りご案内している。一方、幹事会員の選出は重要事項であるため幹事会で審議決定するが、その選任基準やプロセスがこれまで定められてないため、幹事会員の選任基準に関するCLOMA事務局運用ルールを作成する。

【参考】CLOMA規約第4条3項より 『正会員は、CLOMAの幹事として運営に携わることができる幹事会員と一般会員からなる。』

 

2.幹事会員の選任基準 
(1)幹事会員としてCLOMAの中で実施したいことが明確であるか。(積極性)
(2)所属する業界・分野で影響力があるか、または、優れた技術、知見等を有しているか。(影響力、貢献可能性)
(3)現幹事会員からの推薦があるか。(信頼性)

幹事会員を希望される会社に対して、CLOMA事務局にて(1)~(3)を確認し、幹事会に提案し総合的に審議決定頂く。 

 

3.選任時期
・幹事会員の2年毎の改選時に、現幹事会員の再任の意向を確認するとともに、新規幹事会員の選任を行う。幹事会員の留任は妨げない。

 

4.幹事会員の定数 :最大35名で運用する。

【参考】CLOMA規約第8条 『CLOMAは、会長1名、幹事20~30名程度、監事若干名を置く』とあり、規約の改定は不要。なお、現幹事会員数は26。

 

5.本議案は承認されました。(2021.1.22)
  出席者:メール文に『返信なき場合は、承認頂けたものとさせて頂きます。』を記載したため、返信頂いた方は7名(内2名内容の御確認・コメントあり)
  決議は、出席者の過半数(承認26)(規約13条4・5・6項)
  運用ルール(PDF)
                                     

 

以上