3-30 第9回インドネシア協力WG(日本)

2021-03-31

セミナー情報

第2回最新技術に関する意見交換会を開催しました

技術部会では、会員のイノベーション創出の推進に有用なテーマについて、

専門家や会員間との双方向の情報交換を可能とする「最新技術に関する意見交換会」を企画・開催しています。

 

第2回は「IoT活用による廃棄物回収の新たな可能性」をテーマに、

先進的な取り組みをされている企業様2社より講演いただき、活発な議論が行われました。

(オンライン参加 57社・団体 <75名>)

 

 

日時:2021年3月23日(火)14:00-15:40

開催形式:オンライン(Webex Events)

 

プログラム(敬称略)

  開会

〔14:00~14:50〕 講演1(講演30分、質疑応答20分)

 「Digimarcプラットフォームによるリサイクリングシステムの改善」

   Digimarc      日本支社長  高橋哲郎

   株式会社モニック  取締役副社長 岡村一寛

〔14:50~15:40〕講演2(講演30分、質疑応答20分)

 「IoTセンサーを活用した廃プラスチック回収システムの構築」

   株式会社島津製作所 環境経営統括室 マネージャー 三ツ松昭彦

  閉会

 

 

講演資料はこちら →    講演1      講演2

2021-03-26

3部会活動状況

2-22 第8回インドネシア協力WG(日本)

1.本日会議の進め方についてのご説明
2. 座長交代ご挨拶
3.各 SF からの状況共有(10 分×3): 資料1
4.東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)ご紹介とご挨拶
5.川崎市とバンドン市のつながりと取り組み状況 : 資料2
6.他

 

  議事メモはこちら

2021-03-26

3部会活動状況

12-21 第7回インドネシア協力WG(日本)

1.NPAP 各TF内容共有
2.各Strategic Focusからの討議内容共有
3.全体会議

 

  議事メモはこちら

2020-12-29

セミナー情報

第2回技術セミナーを開催しました

技術部会では、海洋プラスチックごみ問題の解決に向けた最新の技術動向等を紹介する

第2回技術セミナー(対象:CLOMA会員)をオンライン形式で開催いたしました。

 

技術セミナーは2020年2月に第1回を開催し、続いて3月に第2回の開催を予定していましたが、

新型コロナウィルス感染症の影響を受け開催が延期されておりました。

 

産官学の有識者の方々をお招きし、

CLOMAビジョンのKey action4、5(生分解性プラスチック、紙・セルロース)に関連した

テーマなどについてご講演いただきました。

(オンライン参加:187社・団体 <276名>)

 

 

日時:2020年12月17日(水)13:00-16:00

開催形式:オンライン(Webex Events)

 

プログラム(敬称略)

〔13:00-13:05〕開会挨拶 

 CLOMA技術部会長

 株式会社三菱ケミカルホールディングス 代表執行役専務 大久保 和行

〔13:05-13:45〕講演1

 「地球環境との調和をめざすバイオプラスチック」

 東京工業大学名誉教授・理化学研究所名誉研究員 土肥 義治

〔13:45-14:25〕講演2  

 「バイオプラスチックの現状と識別表示、国際標準化動向」

 日本バイオプラスチック協会 顧問 森 浩之

〔14:25-14:30〕休憩

〔14:30-15:00〕講演3

 「王子グループの地球環境に配慮した製品開発」

 王子ホールディングス株式会社 イノベーション推進本部 パッケージング推進センター

 センター長付主幹 島谷 啓二

〔15:00-15:30〕講演4

 「農林水産省におけるプラスチック資源循環の取組について」

 農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課 食品産業環境対策室

 課長補佐 菅井 剛

〔15:30-16:00〕講演5

 「海洋プラスチックごみ問題の現状と今後の動向について」

 環境省 水・大気環境局 水環境課 海洋環境室・海洋プラスチック汚染対策室 

 室長補佐 飯野 暁

 

 

講演資料はこちら→    講演1    講演2    講演3    講演4    講演5